水道管破裂!水道管凍結!明石市にも被害続出!

神戸新聞より。

先日の寒波到来で起こったこと


強い寒気の影響で記録的な寒さとなった兵庫県内で25日、水道管などの凍結、破裂被害が相次いだ。神戸新聞社のまとめでは県内各市町の水道担当部署に計2千件以上の相談や問い合わせが相次ぎ、実際に配管が破裂するなどの被害は、確認できただけでも600件を超えた。

 神戸市水道局によると、25日午後5時時点で、問い合わせは855件、うち水道管破裂などの被害は311件あった。5年前の寒波では2日間で約200件の被害があったが、それを大きく上回った。氷点下4度以下で水道管内の水が凍りやすくなるといい、神戸は19年ぶりに氷点下4度を記録していた。

 少なくとも西宮市でも110件、稲美町で90件、三田市で70件の被害を確認。姫路市でも「水が出ない」「給水管が破裂した」など約400件の問い合わせがあったという。

 1月の観測史上最も低い氷点下6・2度を観測した三木市の緑が丘東小学校では給水管が破裂し、中庭に水が噴き出した。播磨町でも幼稚園や小学校で蛇口が壊れたほか、公園でもトイレの水道管が割れるなど14カ所で被害があった。

 神戸市西区のプロ野球オリックスの室内練習場では、消火栓のバルブが凍結した影響で大量の水があふれ出し、選手らが練習内容を変更。新温泉町でも水道管の破裂が相次ぎ、対応に走り回った業者は「こんなことは10年ぶり。とても手が回らない」と悲鳴を上げていた。

 神戸市消防局には、市内の社会福祉施設や病院から火災の自動通報が4件相次いだ。同消防局が確認したところ、火災は起きておらず、スプリンクラーの配管が破裂し水が出続けていたという。

 市消防局は「こんな被害はほとんどなかった。水道と違って少量ずつ水を出すなどの対策は難しい」と困惑していた。

 26日も冷え込みが続くとみられ、各市町は凍結対策を呼びかけている。

「明石市の水道屋」といえばカワカミ設備と言われたい

兵庫県明石市で水まわり全般の工事をしている小さな町の水道屋さんのページです。明石市で「水道屋さんといえばカワカミ設備だ」と言われる知名度NO.1を目指しています。上部のメニューから希望のページを見てください。各SNSは随時更新しています